Research

MOCHA: Mobile Check-in Application

MOCHAは、東京大学発の接触確認・混雑度確認を目的とした教室等予約・情報提供サービスです。ウィズコロナにおける安心できるキャンパスライフ実現のための位置情報サービス基盤として開発・運用されています。MOCHAは各部屋に設置されたBluetoothビーコンをスマートフォンを用いて検出することで、自動的に滞在場所を記録します。また、事前に設定した共有範囲・粒度で滞在情報を共有することで、キャンパス内における様々な位置情報サービスを開発しています。現在、6500名以上がアプリケーションを利用し、Bluetoothビーコンは2000カ所以上に設置されています。

(さらに…)

SelfGuard: Enhancing Infection-prevention Behaviors by Gamified Feedback

Under the circumstance of the rapid spread of the COVID-19 pandemic, enhancing human’s awareness of self-protection is one practical method to slow down the epidemic. In this study, we utilize mobile sensing to track human activity and guide human’s epidemic prevention behavior by gamified feedback techniques by our developed application SelfGuard. Virtually, human’s self-protection awareness is affected by many factors and the measures to enhance people’s self-protection behavior against the epidemic COVID-19 has always been an unresolved issue. In order to search for factors that influence human’s self-protection behavior, we analyzed the relationships between various human activities and the percentage complete of human’s self-protection behavior and we have extracted some more general conclusions from the results.

(さらに…)

ベクトルタイル技術を用いた人流把握

近年は,都市交通計画や感染症対策など,様々な分野で人の流れを把握することが重要となっている.しかし,人の流れを把握する手法の多くは都市部に限定されており,疑似的な人流データを用いて全国規模で行われた研究は少ないのが現状である.一方で,データの可視化にベクトルタイル技術を用い,ズームレベルに応じてデータの粒度を変えることで,データ量の削減や処理速度の向上が期待できる.そこで,全国規模約1億2千万人を対象とした疑似人流データについてベクトルタイル技術を用い,ズームレベルに応じて道路属性を選択することで効率的な可視化を図った結果,データ量は約57%に削減され,タイムスライダーやズームレベルを変化させてもスムーズに可視化を行うことが可能となった.

ウェアラブルデバイスを用いた子育て行動の検知技術の開発

女性の社会進出や核家族化,産後うつ問題など,子育て環境は大きく変化しており,子育ての効率化や子育て支援は社会的に大きな課題となっている.本研究では,近年普及傾向にあるウェアラブルデバイスを用いて,ミルクやオムツ替え,お散歩など「親」が「乳幼児」に行う子育て行動の検知技術の開発を行う.子育て中のモーションデータを腕時計型のウェアラブルデバイスに搭載されたモーションセンサを用いて収集し,収集データと機械学習を用いて子育て行動の検知モデルを構築する.9つの子育て行動を定義し,子育て行動の検知モデルの構築とその精度評価を行った結果,実験室環境において9名の被験者から収集したデータセットを用いた検知モデルでは,最も精度の良いモデルで約70%の精度で子育て行動を検出できることが明らかになった.

(さらに…)

スマートウォッチを用いたマスク装着の促進手法

新型コロナウィルスの世界的蔓延により,感染拡大を予防するためにマスクの装着などの飛沫感染リスクを下げる行動が求められる.感染リスクを低下させるためには,常時マスクを装着することが望ましいが,無意識のうちにマスク非装着のまま行動してしまうことがしばしば発生する.マスク装着を効果的に促すためには個々人のマスク装着状態を自動検知して,その状態に応じてユーザに対する行動変容を促すことが求められる.しかし,マスク装着状態を市販の端末のみで常時検知する手法は提案されていない.そこで,スマートウォッチに搭載されている複数のセンサを用いてマスク装着状態を自動検知し,マスク非装着のユーザに通知することで,マスク装着の行動を促進させる手法を提案した.

HeadSense: a Helmet Device that Detects the Head Movement of Micro-Mobility Rider

Head movement for traffic visual searching, is one of the important factors in traffic safety. In this paper, we present the design, implementation, and preliminary evaluation of the HeadSense, a helmet device that detects the head movement of micro-mobility rider. HeadSense is capable of generating data streams using the embedded 9-axis inertial measurement unit (IMU) sensor. After the process of segmentation and classification algorithm, HeadSense can automatically detect an individual’s head movement sequence and visual search episodes, across the rider’s entire riding journey. Experiments with 5 participants show that our system achieves 94.7% for per-second level detection and 80.59% F1-score for per-episode level detection.

(さらに…)

MiMoSense: an Open Crowdsensing Platform for Micro-Mobility

The use of micro-mobility (e.g., bicycle and scooter) and their data for urban sensing and rider assessment is becoming increasingly popular in research. However, different research topics require different sensor setups; no general data collecting tools for the micro-mobility makes the researcher who wishes to collect data has to build their own collecting system from scratch. To this end, we present MiMoSense, an open crowdsensing platform for micro-mobility. MiMoSense consists of two components: (1) MiMoSense server, which is set up on the cloud, and used to manage sensing studies and the collected data for research and sharing. (2) MiMoSense client, uses micro-mobility carrying various sensors and IoT devices to collect multiple kinds of data during traveling. As a reusable open-source software, MiMoSense shifts the researcher’s focus from software development to sensing data analysis; it can help researchers quickly develop an extensible platform for collecting micro-mobility’s raw sensing data and inferring traveling context. We have evaluated MiMoSense’s battery consumption, message latency and discuss its use.

Single- or Double-Hand Detection of Riding Bikes

Riding bikes with only one hand on the handlebar can severely undermine the steering capability of riders and risk road safety. In this study, we propose a first detection framework for monitoring single-hand cycling on bicycle travel, called DoubleCheck. It is based on the premise that riders adapt their body movement during single-hand cycling, which is distinguishable to the sensors even amid noise from the exasperate road surface. The system can detect handlebar holding under different road conditions using motion signals from a built-in inertial measurement unit (IMU) in a handlebar mounted smartphone. We implemented the system and invited 10 participants for our evaluation experiment. Our results show that DoubleCheck achieved an F1-score of 0.94 for hand detection, proving its efficacy for real-life implementation to improve road safety.

Estimation of Greenhouse Gas Emission Reduction from Shared Micromobility System

Shared micromobility is widely recognized as an environmentally friendly travel mode and a critical component of transportation decarbonization. However, quantitatively assessing its environmental impact using real-world trip data is an unresolved and challenging subject. To this end, we proposed a system combining machine learning algorithms and Monte Carlo simulation to address this issue. First, several machine learning algorithms (Random Forest, XGBoost, and LightGBM) were utilized to identify citizens’ travel mode choice preferences and then estimate the substituted travel mode of each micromobility trip. Second, to ensure the reliability of the final environmental impact assessment, the Monte Carlo simulations were used to simulate the substituted mode of each trip. Finally, the environmental impacts were calculated based on the life cycle greenhouse gas emissions.

(さらに…)
NTF-Scooter

Non-Negative Tensor Factrizationを用いたドックレス型マイクロモビリティの利用形態分類手法の検討

交通やインフラ,スマートフォンなどから得られる様々なデータを統合的に利活用し,都市計画の継続的な改善に役立てるという都市コンピューティングが注目されている.都市コンピューティングは少子高齢化と過疎化が進行する日本においても公共インフラを有効活用し都市を維持するためにも有効である.限られた公共インフラを活用するためには人々の移動目的を推定し,交通リソースを最適化する必要があるが,既存のICカードなどの交通データでは推定粒度に限界があった.こうした状況の中,特定の返却場所を持たないドックレス型のマイクロモビリティが急速に普及している.ドックレス型マイクロモビリティは平均移動距離が500m程度と短く,直接目的地に向かうため,より詳細な移動行動が検出可能である.本研究では,マイクロモビリティが都市空間で離散的に分布する点に着目した.そして,細かく単発的な移動行動を大域的に分析することで潜在的な移動パターンがあることを,Non-Negative Tensor Factrizationと呼ばれる教師なし学習を用いることで明らかにした.

タクシー車両を用いた分散型環境センシング

都市を移動するタクシーを一つのセンシングモジュールとして捉え、車両内外の情報をセンシングし環境情報や都市運営へのフィードバックを行う。具体的には、不特定多数のユーザが極めて狭い公共空間を共有するというタクシー内部における車室内環境のセンシングを行う。CO2濃度と換気手法の検討を行いWithコロナ時代の安全安心な公共交通運営に貢献する。また、タクシーの空きリソースを最適化し、PM2.5などの気体センサや温度湿度、ドライブレコーダー画像等の都市データの収集なども行っている。

スマートフォンのGPS信号受信強度を用いた紫外線被曝量推定手法

近年の都市構造の変容と急激なライフスタイルの変化に伴い,人間が屋内で過ごす時間は長時間化し,逆に屋外で直射日光を浴びる時間は年々短くなっている.過度な紫外線の被曝は皮膚癌やシワ,シミの発生可能性を高めるが,一方で適度な紫外線被曝は体内でのビタミンD の生成に必要不可欠である.また,基本的に野菜に含まれていないビタミンD の不足は,カルシウム不足や低カルシウム血症,骨の軟化やうつ病などに繋がる危険性があり,長期的な

(さらに…)

Context Aware Photo Protection for In-Situ Sharing

People nowadays are getting used to using mobile phones for daily photography, and sharing these precious moments online or in-situ with their friends. However, there is a potential risk of privacy leakage during the in-situ photo sharing process. To address this risk, we propose OASIS, a cOntext Aware photo protection for in-SItu sharing behavior: using the front camera to tell different viewer, OASIS customize viewer’s photo gallery seamlessly between different viewers according to the context of the photo. In this way, we can provide viewers with a good sharing experience while protecting the privacy of the owner.

An Information Sharing Method Using P2P and V2V communications in VANET

車両間の情報共有を実現するために,P2P(peer to peer)通信やV2V(Vehicle to vehicle)通信を利用した様々な手法が提案されている.しかし,P2Pを用いた場合には,トラフィックの増加により送信元車両のネットワーク負荷が増大する.一方,V2Vの場合には,車両が離れていると通信ができない.そこで,V2V通信とP2P通信に基づく車両間の情報共有方法を提案する。

MANETにおける通信負荷を考慮した経路構築手法

移動可能な無線ノード間で自律分散的なネットワークを形成するMANET(Mobile ad-hoc network)では,通信要求に応じて経路を構築するルーティングプロトコルが広く検討されている.しかし,これらのプロトコルでは,経路構築時に制御メッセージをネットワーク全体にフラッディングするため,通信資源を大量に消費する.この問題に対して,移動体通信を用いてMANETを構築するための仮想領域を作成する移動体通信併用形MANETを提案されている.この手法では,仮想領域内に制御メッセージの送信を制限することでネットワーク負荷を低減できるが,多くのノードが近傍に存在するノードが経路に選択されやすいため,ノード間の通信負荷に偏りが生じる.そこで,移動体通信併用形MANETにおいて,各ノードの通信負荷を分散させるための経路構築手法を提案する.

Loading...