東京大学 瀬崎研究室へようこそ

当研究室は、ネットワークを利用した創造的な社会活動の支援と新たな応用の創造を念頭に置き、ネットワークの要素・システム技術と各種応用システム開発を研究テーマとしています。

お知らせ

西山(助教)・瀬崎(教授)が執筆した「SelfGuard: Semi-Automated Activity Tracking for Enhancing Self-Protection against the COVID-19 Pandemic」がACM SenSys2020のCOVID-19 Pandemic Responseに採録されました。

Yuuki Nishiyama, Takuro Yonezawa, Kaoru Sezaki: SelfGuard: Semi-Automated Activity Tracking for Enhancing Self-Protection against the COVID-19 Pandemic. In: the 18th ACM Conference on Embedded Networked Sensor Systems (SenSys '20), COVID-19 Pandemic Response, Virtual Event, Japan , pp. 780–781, Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, 2020, ISBN: 978-1-4503-7590-0/20/11.

 

Abstract

Contagious diseases like COVID-19 spread periodically and threaten our lives. Self-protection, such as washing hands, wearing a mask, and staying home, are simple and practical solutions to safeguard against these diseases. Most governments and health departments recommend that people maintain self-protection. Although continuous self-protection effectively prevents the spread of infection, only the intent to self-protect is unsustainable in the long term. In this study, we design, develop, and deploy an application to track users' daily activities semi-automatically and enhance self-protection behavior using mobile sensing and gamified feedback techniques. Currently, more than 324 people have installed the app via AppStore, and 52 users have shared their activity data to our research group.

(さらに…)

研究内容

モバイルセンシング

スマートフォンを通して利用可能な物理・ソフトウェア・ヒューマンセンサを用いた自然環境や街・人の状態を検知・推定する研究

無線センサネットワーク

シュミレーションや実環境での計測実験による、無線センサネットワークの経路構築・計算処理・消費電力等の最適化に関する研究

空間情報分析

位置情報とそれに付随する環境情報の収集技術と、収集情報の分析。主にMaaSが都市にあたる影響の評価と予測に関する研究

行動変容 & Well-being

情報技術を用いた人・集団の行動変容促進と、Well-being実現に向けたコンテキスト認識・情報伝達手法の研究

発表文献

当研究室の発表文献の一覧をご覧になれます。​

連絡先

所在地

〒153-8505
東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学生産技術研究所
Ew-601(研究室) / Ee-309(教員室)

連絡先

研究室(直通&FAX):
03-5452-6268 (内線 56268)

教員室(直通):
03-5452-6266 (内線 56266)

※柏キャンパス総合研究棟内にも当研究室の居室がございます。

Follow Us