English page is here.

発表文献一覧

発表年毎にまとめてあります。以下のリンクからお選びください。

International Journal

  1. Hao Niu, Nanhao Zhu, Li Sun, Athanasios V. Vasilakos, and Kaoru Sezaki, "Security-embedded opportunistic user cooperation with full diversity," Wireless Networks (Springer), DOI:10.1007/s11276-015-1044-7, Aug. 2015.

International Conference

  1. Y. Nakayama, K. Sezaki, "Avoiding Bufferbloat with Frame-drop Threshold Notification in Ring Aggregation Networks", The 21st Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2015), pp. 508--513, October 14-16, 2015.
  2. Ko Makiyama, Keijiro Nakagawa, Maki Katayama, Miho Nagasawa, Kaoru Sezaki, and Hiroki Kobayashi, "Synchronization of peripheral vision and wearable sensors for animal-to-animal interaction." The 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2015), Los Angeles, August 2-7, 2015.
  3. Hill Hiroki Kobayashi, Akio Fujiwara, Kazuhiko Nakamura, Kaoru Saito, and Kaoru Sezaki. "Tele Echo Tube: Beyond Cultural and Imaginable Boundaries." Ninth International Conference on Tangible, Embedded, and Embodied Interaction (ACM TEI' 15), Stanford, USA, January. 15-19, 2015.

International Workshop

  1. Dunstan Matekenya, Masaki Ito, Yoshito Tobe, Ryosuke Shibasaki, and Kaoru Sezaki, "MoveSense: A spatio-temporal Clustering Technique for Discovering Residence Change in Mobile Phone Data”, ACM SIGSPATIAL International Workshop on GeoStreaming 2015, Seattle,WA,USA,November 3-7, 2015
  2. Satoshi Hyuga, Masaki Ito, Masayuki Iwai and Kaoru Sezaki, "Estimate a User's Location Using Smartphone's Barometer on a Subway," 5th International Workshop on Mobile Entity Localization and Tracking in GPS-less Environments (MELT 2015) co-located with 23rd ACM SIGSPATIAL International Conference on Advances in Geographic Information Systems (ACM SIGSPATIAL 2015), Nov, 2015.
  3. Shunsuke Aoki and Kaoru Sezaki. "Interfaces for Defining the Privacy of Sensor Data based on Users' Preferences." The 16th International Workshop on Mobile Computing Systems and Applications (ACM HotMobile' 15), Santa Fe, USA, 2015. (Poster)
  4. Masaki Ito, Genki Kenjo, and Kaoru Sezaki. "A Localization Method for a Smartphone Application in the Underground Trains." The 16th International Workshop on Mobile Computing Systems and Applications (ACM HotMobile' 15), Santa Fe, USA, 2015. (Poster)

Domestic Paper

  1. 鈴木孝男, 伊藤昌毅, 瀬崎薫, “Perturbationを利用した参加型センシングにおける復元精度向上のためのインセンティブ付与手法の検討”, 研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信 (MBL), vol.2015, no.8, pp.1–5, 2015年12月.
  2. 斎藤馨,中村和彦,小林博樹,藤原章雄, "サイバーフォレスト:自然地からのライブ音による全球感覚", CSIS DAYS 2015, セッションB: IT・応用, 2015年11月
  3. 伊藤昌毅,見生元気,瀬崎薫, "オープンデータとスマートフォン内蔵センサを利用した地下鉄位置情報の推定", CSIS DAYS 2015, セッションB: IT・応用, 2015年11月
  4. 牧山紘, 瀬崎薫, 小林博樹, "動物の習性を用いた省電力環境センシングの研究," CSIS DAYS 2015, 千葉, 2015年11月
  5. 中山悠, 丸田一輝, 瀬崎薫, "有線・無線ネットワーク協調復旧システムにおける復旧用AP配置", 地理情報システム学会第24回学術研究発表大会, 2015.10.
  6. Jiang Tiantian, Masaki Ito, Kaoru Sezaki, "Estimation of Crowd Density and Mobility in Mass Event Using Wi-Fi Direct", 2015 IEICE Society Conference, vol. BS-6-10,Sendai, September 8-11, 2015.
  7. 中山悠, 丸田一輝, 瀬崎薫, "災害時に備えた有線・無線ネットワーク協調復旧システム", FIT2015 第14回情報科学技術フォーラム, 2P-2, 2015.9. (査読あり)
  8. 牧山紘, 瀬崎薫, 小林博樹, "効率的な動物間通信のための行動検知," マルチメディア, 分散協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム, 8E-2, 2015年7月
  9. 伊藤昌毅, 瀬崎薫, 杉本直也, 大石康晴, "公共交通情報のオープンデータ配信によるコミュニティバス利用促進", 第10回 日本モビリティ・マネジメント会議, 一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議, 2015年7月.
  10. 石塚宏紀, 小野智弘, 山本直人, 伊藤昌毅, 瀬崎薫, "Bluetoothによる近接性を用いた実空間人間関係抽出手法の実装と評価", マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム, pp. 1721-1728, 2015年7月.
  11. 伊藤昌毅, 大石康晴, 杉本直也, 瀬崎薫, "OpenTrans.it: オープンデータによるコミュニティバス基盤データの整備", 第51回土木計画学研究発表会・講演集, 九州大学, 2015年6月.
  12. 松野有弥, 青木俊介, 伊藤昌毅, 瀬崎薫, "時変動する動的な人口密度分布を考慮した位置プライバシ保護に関する性能評価と課題の検討," 情報処理学会 モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会(MBL), 2015年5月
  13. Hao Niu, Tiantian Jiang, Masaki Ito, and Kaoru Sezaki, "Relay Selection Scheme with A More Precise Definition of Secrecy Capacity for Decode-and-Forward Cooperative Data Transmission", 2015 IEICE General Conference, vol. BS-3-49, Kusatsu, Japan, March 10-13, 2015.
  14. 中村直人, 伊藤昌毅, 瀬崎薫,"持続型ジオキャストプロトコルの地震避難時における有効性の検証, " 電子情報通信学会総合大会, モバイルネットワークとアプリケーション, B-15-13, 2015年3月
  15. 坂本敬太, 青木俊介, 伊藤昌毅, 瀬崎薫, "クラウドセンシングにおけるノード選択手法の実データによる評価, " 電子情報通信学会総合大会, 知的環境とセンサネットワーク, B-18-74, 2015年3月
  16. 加藤宗肖, 青木俊介, 伊藤昌毅, 瀬崎薫, "モバイル端末が創出するパーソナルデータの利活用にかかる意識調査を,世代間倫理の射程から検討する, " 電子情報通信学会大会総合大会, 技術と社会・倫理, A-8-2, 2015年3月
  17. 山本直人, 伊藤昌毅, 瀬崎薫, “心拍の時間間隔を利用したWBANのセキュリティ手法の検討, ” 電子情報通信学会総合大会, ヘルスケア・医療情報通信技術, B-20-2, 2015年03月
  18. 森英記, 伊藤昌毅, 瀬崎薫, ”災害下における火災・道路閉塞の情報を共有する手法の検討, ” 電子情報通信学会, ヒューマンプローブ研究会(HPB), 2015年2月
  19. 伊藤昌毅, 見生元気, 瀬崎薫, "地下鉄乗客のためのスマートフォン内蔵センサを用いた位置特定手法, " 電子情報通信学会, ヒューマンプローブ研究会(HPB), 2015年2月
  20. Hao Niu, Tiantian Jiang, Masaki Ito, and Kaoru Sezaki, "Secure Cooperation Scheme Using Fountain codes to Resist Untrustworthy Relay", IEICE Technical Report, vol. 114, no. 395, pp.147-150, Jan. 2015. (RCS, Okayama, Jan.22-23, 2015)

Others

  1. [受賞] 鈴木孝男,Work in Progressプレゼン賞,情報処理学会 モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会(MBL), 2015年12月
  2. [受賞] 伊藤昌毅,Best Paper Award,5th International Workshop on Mobile Entity Localization and Tracking in GPS-less Environments (MELT 2015) co-located with 23rd ACM SIGSPATIAL International Conference on Advances in Geographic Information Systems (ACM SIGSPATIAL 2015), 2015年11月
  3. Sang-won Leigh, Asta Roseway, Ann Paradiso, Hiroki Kobayashi, Michitaka Hirose, Akio Fujiwara, Kazuhiko Nakamura, Kaoru Sezaki, Kaoru Saito, Conor Peterson, Bert Bongers, and Cecilia Heffer. 2015. Demo hour. interactions 22, 4, 8-11, 2015.
  4. [受賞] 小林博樹,テレコムシステム技術賞 奨励賞,電気通信普及財団.
  5. [受賞] 青木俊介,テレコムシステム技術学生賞,電気通信普及財団.
  6. [受賞] 青木俊介,"Nature-feeling Aid: 昆虫音を用いた都市の自然環境センシング",ドリーム賞,電子情報通信学会 ASN センサアプリケーションコンテスト.
Copyright(C) Sezaki Laboratory all rights reserved.