English page is here.

Shunsuke AOKI - D3

名前
青木 俊介
Shunsuke AOKI
メール
shun [at-mark] mcl.iis.u-tokyo.ac.jp
ウェブサイト
http://www.mcl.iis.u-tokyo.ac.jp/ShunAoki/
経歴
!! NEWS !!
Shunsuke Aoki is currently a Ph.D. student in the Department of Electrical and Computer Engineering, Carnegie Mellon University, advised by Prof. Raj Rajkumar.

現在東京大学を休学中.米国 カーネギーメロン大学 計算機工学科のReal-Time and Multimedia Systems Laboratory の博士課程に在籍.

個人web: https://sites.google.com/site/cmuaoki/

[Awards]

1. Best Short Paper Award Candidate, IEEE CLOUDNET, Nov 2012
2. Student Research Award, IEICE Technical Committee on Internet Architecture, Feb 2013
3. Best Young Researcher Award, IEICE Technical Committee on Ambient Intelligence and Sensor Networks, May 2013
4. Excellent Presentation Award, IPSJ DICOMO, July 2013
5. Winner of the 'Sensor Apps-contest', IEICE Technical Committee on Ambient Intelligence and Sensor Networks, Jan 2015


[Honors]
- TELECOM System Technology Student Award
Recognized by Telecommunications Advancement Foundation, 2015

- Funai Overseas Scholarship
Full tuition support by the Funai Foundation for Information Technology, 2015

- JSPS Research Fellowships for Young Scientists (DC1)
Recognized by JSPS as being within the top 1% of the graduating class, 2014

- Research Grant by The Foundation for the Promotion of Industrial Science (2014)

- Total Exemption from Repayment of Scholarship Loan, JASSO
Recognized by JASSO as having achieved particularly outstanding results on the master course, 2014

- Leading-Researcher Scholarship, The University of Tokyo
Visiting Student in Institute of Theoretical Computer Science, ETH Zurich, 2012

- Total Exemption of Graduate School Admissions Examination, Waseda University
Recognized as a high achieving student on the bachelor course, 2012
業績リスト
最終更新 2014年12月

【原著論文】
1. 参加型環境センシングを用いた統計情報構築のための プライバシー保護手法: 青木俊介, 岩井将行, 瀬崎薫, 電子情報通信学会 論文誌B, Vol J97-B, No. 1, pp. 41-50, Jan 2014.

2. Negative Surveys with Randomized Response Techniques for Privacy-aware Participatory Sensing, Shunsuke Aoki and Kaoru Sezaki, IEICE Transactions on Communications, Vol. E97-B, No. 4, pp. 721-729, Apr 2014.

【審査付国際会議】
1. Limited Negative Surveys: Privacy-Preserving Participatory Sensing, Shunsuke Aoki, Masayuki Iwai and Kaoru Sezaki, IEEE CLOUDNET2012, Paris, pp.158-160, Nov. 2012.

2. Perturbation with General Tendency for Mobile Community Sensing, Shunsuke Aoki, Hiroki Kobayashi, Masayuki Iwai, and Kaoru Sezaki, IEEE 2nd International Conference on Mobile Services(IEEE MS 2013), pp. 23-30, CA, USA, June 27-July 2, 2013.

3. Privacy-aware Community Sensing using Randomized Response, Shunsuke Aoki, Masayuki Iwai, and Kaoru Sezaki, IEEE 8th International Workshop on Security, Trust, and Privacy(IEEE STPSA 2013), pp. 127-132, Kyoto, July 22-July 26, 2013.

4. A System for Large-scale Participatory Environmental Noise Sensing, Masayuki Iwai, Houhei Shigeta, Guangwen Liu, Shunsuke Aoki, Kaoru Sezaki, International Conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration, SICE Annual Conference, Nagoya, September 14-17, 2013.

5. Cicada Fingerprinting System: From Artificial to Sustainable, Shunsuke Aoki, Hiroki Kobayashi, Kaoru Sezaki, The 12th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM 2013), Lurea, Dec 2-5, 2013.

6. Privacy-Preserving Community Sensing for Medical Research with Duplicated Perturbation, Shunsuke Aoki and Kaoru Sezaki, IEEE International Conference on Communications (IEEE ICC), Sydney, Jun 10-14, 2014.

7. Interfaces for Defining the Privacy of Sensor Data based on Users' Preferences, Shunsuke Aoki and Kaoru Sezaki, The 16th International Workshop on Mobile Computing Systems and Applications (ACM HotMobile' 15), Santa Fe, USA, 2015. (Poster)

8. Democratic Privacy: A Protocol-hidden Perturbation Scheme for Pervasive Computing, Shunsuke Aoki and Kaoru Sezaki, IEEE International Conference on Communications (IEEE ICC), Kuala Lumpur, Malaysia, May 23-27, 2016.

【国内研究会・全国大会】
1. 多次元データに対するNegative-Surveyを用いたプライバシー保護手法の検討: 青木俊介,岩井将行,瀬崎薫,電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-19-5, 2012.9

2. 参加型センシングのための携帯端末上でのプライバシー保護の検討: 青木俊介,岩井将行,瀬崎薫,HPBシンポジウム2012,P14,2012.11

3. 個人情報保護を考慮した空間情報構築手法の検討: 青木俊介,岩井将行,瀬崎薫,電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 112, no. 430, IA2012-82, pp. 73-78, 2013. 02(学生研究奨励賞受賞)

4. 既知データ分布に対する個人情報保護を考慮したユーザ参加型センシングに関する検討: 青木俊介,岩井将行,瀬崎薫,電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 112, no.466, LOIS2012-83, pp. 83-88, 2013.03

5. ユーザ参加型センシングにおいてプロファイル情報を対象としたプライバシー保護手法の検討: 青木俊介,岩井将行,瀬崎薫,電子情報通信学会 総合大会, B-19-50, 2013. 03

6. ユーザ固有の雑音を考慮する参加型環境センシングのデータ校正手法: 青木 俊介, 劉 広文, 岩井 将行, 瀬崎 薫, 情報処理学会 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム, 2013-UBI-38, no.18, pp.1-7, 2013. 05

7. ユーザ参加型環境センシングにおける状態依存型プライバシー保護手法: 青木 俊介, 岩井 将行, 瀬崎 薫, 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 38, ASN2013-14, pp.73-78, 2013. 05 (若手研究奨励賞 受賞)

8. プライバシー保護に配慮したユーザの地理的分布推計手法: 皆川 昇子, 青木 俊介, 中澤 仁, 徳田 英幸, 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 38, ASN2013-14, pp.55-60, 2013. 05

9. モバイル端末を用いたユーザ参加型環境センシングにおけるデータ欠損の検知および処理に関する考察: 重田 航平, 青木俊介, 劉 広文, 岩井 将行, 瀬崎 薫, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム, 2A-4, 2013. 07 (ヤングリサーチャ賞 受賞)

10. ユーザ参加型環境センシングにおける効率的なシステム運用モデルの構築とユーザ分析: 青木 俊介, 劉 広文, 清水 和人, 岩井 将行, 瀬崎 薫, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム, 8G-4, 2013. 07 (優秀プレゼンテーション賞 受賞)

11. ユーザ参加型センシングアプリにおいて計測者の人為的ミスを軽減する改良手法: 重田 航平, 青木 俊介, 劉 広文, 瀬崎 薫, 岩井 将行, 第12回情報科学技術フォーラム FIT 2013, M-018, 2013. 09

12. スマートフォン搭載のGPSとマイクを用いた都市圏における野鳥観察手法の提案: 青木 俊介, 小林 博樹, 近藤紀子, 塚原直樹, 瀬崎薫, 日本鳥学会2013年度大会, 2013. 09

13. 携帯端末を用いたTVコンテンツ推定によるユーザの興味センシング: 木田 裕一朗, 奥野 淳也, 青木 俊介, 瀬崎 薫, 電子情報通信学会 技術研究報告, MoNA研究会, 2013. 11

14. リーセンシー効果を用いた適応型屋外広告配信のための興味センシング: 木田 裕一朗, 奥野 淳也, 青木 俊介, 小林 博樹, 岩井 将行, 瀬崎 薫, 電子情報通信学会 HCGシンポジウム, B-7-1, 2013. 12

15. 参加型センシングにおけるカバレッジと質を考慮したノード選択手法の検討: 坂本 敬太,青木 俊介,伊藤 昌毅,瀬崎 薫,電子情報通信学会 ヒューマンプローブ研究会(HPB), 2014年02月

16. [奨励講演] 摂動化を用いた多次元データに対するプライバシー保護データマイニング: 青木 俊介,瀬崎 薫,電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN), 2014年05月

17. 参加型センシングにおけるカバレッジと質を考慮したノード選択手法の提案と評価: 坂本 敬太, 青木 俊介, 伊藤 昌毅, 瀬崎 薫, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム, 4G-2, 2013年7月
Copyright(C) Sezaki Laboratory all rights reserved.