Masayuki IWAI Research Page

topics

CV:獲得研究資金

flower
  1. 2011年-2013 トヨタ株式会社 岩井将行,瀬崎薫ドライバの運転情報からの意図推定手法 
  2. 2011年- 株式会社アバンアソシエイツ受託研究WEB情報資産活用手法に関わる研究 岩井将行(代表)
  3. 2011年- 独立行政法人防災科学技術研究所 共同研究 センサーネットワークによる斜面崩壊予測に関する研究 研究設備機材提供
  4. 2009-2011 Microsoft Research Asia Core5 blue Sky project 「An Inch-sized Operating System for Tiny Wireless Sensor Node」Masayuki IWAI
  5. 2008年-2011年科研費 若手B 新素材RFIDアンテナおよび認識基盤ソフトウエア 予算規模 岩井将行 研究代表 
  6. IPA未踏ソフトウエア創造事業  "視覚的な分散アプリケーション構築ツールuBlockの開発" 開発リーダ (東京大学大学院 情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 萩谷昌己教授により採択)研究代表 
  7. IPA未踏ソフトウエア創造事業  "プライバシを考慮する分散型位置管理機構Tachyonの開発" 開発リーダ(早稲田大学 理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科 中島達夫教授により採択)研究代表 
  8. 2012年4月1日~2014年3月31日 科研費萌芽的研究「細粒度気象予測に基づいた地域別空調制御・通信システム」2012年度:瀬崎薫(代表) 岩井将行(分担)
  9. 2011年-科学技術推進費地域社会における危機管理システム改革プログラム  官民協働危機管理クラウドシステム 防災科学技術研究所(代表),東京大学・柴崎 亮介・木實新一・岩井将行(分担)
  10. 2010-2012年度 科学研究費補助金基盤研究(B)一般,「突発的地滑りを検知する地盤センシング杭システムの研究」 瀬崎 薫(代表)岩井将行 (分担)
  11. 2008-2011年度 科学技術振興機構,戦略的創造研究推進事業(CREST)先進統合センシング技術領域の研究(実世界検索に向けたネットワークセンシング基盤ソフトウェア代表:戸辺義人 分担:瀬崎薫・岩井将行
  12. 2009年-2010年度 科学研究費補助金 特定領域研究(情報爆発)「都市型災害時の人間自身による動的なセンシングプラットフォーム技術」戸辺義人(代表)岩井将行(分担)
  13. 2010年-2011年 国際共同研究SK Energy Korea “DEVELOPMENT OF VEHICLE TO GRID AGGREGATOR WITH SK BATTERY”1000万(瀬崎薫代表、岩井将行分担) 自動車に搭載されるバッテリを用いた地域内スマートグリッドシステムの研究開発
  14. 2003年-2007年より総務省委託研究「ネットワーク制御管理技術」ユビラプロジェプロジェクトに参加  実施責任者として研究と統括 )慶應義塾大学,KDDI研究所、NEC、Fujitsu、九州工業大学、東京大学 (慶應義塾大学徳田英幸教授のグループに参加)
  15. 2006年-2007年 独立行政法人科学技術振興機構CREST「マイクロユビキタスノード用高信頼性OS」の開発 耐フラジャイル通信タスク担当
  16.  

特許

  1. 特願2012-047129:「中継地案内システム」 出願日:2012/03/02
    柳原正(トヨタITC), 瀬崎薫, 岩井将行
  2. 特願2011-040282:「杭を複数備えた移動体検知システム」
    岡田謙吾,岩井将行,小林茂樹
  3. 公開番号 2009-206663  「通信端末を用いた製品へのサービス提供システム」 國頭吾郎  , 永田智大  , 米澤拓郎  , 中澤仁  , 岩井将行  , 高汐一紀  , 徳田英幸
  4. 公開番号2009-010865 「光透過性RFID用アンテナ装置とそれを用いた家具及びシステム」  団村芳和 , 伊藤利明 , 和田章嗣 , 岩井将行
  5. 特願2007-337043号      平成19(2007)年12月27日「シート型ディバイス」        日本平成19年度 徳田英幸  , 岩井将行  , 高汐一紀  , 中澤仁  , 竹内秀夫
  6. 特願2005-99731号 「情報端末のコネクティング構造」 徳田 英幸,  高汐 一紀,岩井 将行,神武 直彦,  岡本 安都夫

 

招待講演・メディア他

  1. 【解説記事】 岩井将行,テープウィロージャナポンニワット電気学会解説記事 MARCH 2009 Volume 129 Number 3 特集 実世界センシングで変わる情報処理の世界 実世界センシングとデータベースpp160-164
  2. 【Conference Tutorial】Tobe,Y., Iwai,M., Sensor Networks: Personal to Urban Areas, ICST 4th International Mobile Multimedia Communications Conference 2008,July Finland, Oulu
  3. 【招待発表】Masayuki IWAI “Practical Platform enabling Wireless Human Sensing in Urban Environment” The Second International Workshop on Wireless Sensor Networks and Embedded Systems Research, KAIST, Korea, Deajun, 2009, June,29-30
  4. 【招待講演】Masayuki IWAI, and Tian Hao, Database system for Ubiquitous Sensing Society Northen East University, China, 2009,Agust,27-28
  5. 【招待講演】岩井将行, 電子タグフォーラム「先端的センシング技術のマーケティングへの応用~人と街を感じる技術~」広島県福山市商工会議所 2009年10月30日
  6. 【招待講演】中国総合通信局、中国情報通信懇談会、中国経済連合会、福山商工会議所、中国電子タグ(RFID)利活用研究会『スマートフォンとtwitterの革命』東京大学 岩井将行
  7. 【招待】岩井将行,"センサとSNS で加速されるInternet of Things の世界",電気学会 全国大会,Internet of Things時代の物品情報管理技術の現状と今後の展望, 2012年03月
  8. 【取材】復興、スマホで定点観測(2011年8月31日  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/feature/eq2011/news/etc/20110831-OYT8T00461.htm
  9. 【取材】東海新報2012.2.22 サイバー空間もっと活用を、避難経路など紹介復興情報杭の可能性を展示
  10. 【取材】2009年10月1日 日経新聞社中国地方版「土砂災害くいで感知」
  11. 【取材】日経産業新聞2006年12月26日 日用品に無線センサ
  12. 【取材】日経新聞 2007年8月28日  アキバ注目商品ランキングを即時表示
  13. 【生中継】 NHKおはよう日本2007年10月28日センサを用いた商品注目度把握
  14. 【取材】日経産業新聞産学連携特集「都市情報を可視化暑さ対策に役立てる」,  2009年9月15日 OSOITEproject
  15. 【取材】日経新聞社中国地方版「土砂災害くいで感知」,2009年10月1日OSOITEproject
  16. 【取材】ITMEDIA  自分や家族を「記録する」未来の家がORF 2006に登場
  17. 【取材】読売新聞群馬版 「“猛暑の館林”詳細観測 環境実験スタート」, 2010年5月4日OSOITEproject
  18. 【取材】産経新聞群馬版 「猛暑の原因学で探る 館林市 実験本格スタート」, 2010年5月12日 OSOITEproject
  19. 【取材】朝日新聞群馬版 「快適なまちへ,科学の力 館林で気象・人の流れ観測実験」,  2010年7月16日OSOITEproject
  20. 【取材】朝日新聞群場版 「人出を立体カメラ画像で推計」,2010年9月3日OSOITEproject
  21. 【取材】朝日新聞群馬版 「ネットで熱中症予報」, 2011年8月10日
  22. 【取材】毎日新聞 地方版 群馬 「熱中症危険マップ:館林市,ネット公開 温度や湿度を基に /群馬」, 2011年7月31日OSOITEproject

  23.  

学会活動

  1. The Sixth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking ICMU2012  Registration Chair
  2. 2012年4月-IEICE AN研究専門委員会 委員
  3. General Chair: International Conference on Human Probes and Smartphone Sensing(ICHPSS 2011), Chiang Mai University, Thailand Dec, 2011
  4. 2011年-電子情報通信学会 2種研 HPB研究会 ・委員長
  5. WoT2011: PC member
  6. IoT2010 Demo chair.
  7. IWUSP 2010: PC member,MobiPhoto2011: PC member
  8. Publicity-co chairs International Symposium on Ubiquitous Computing Systems (UCS 2009)
  9. General Chair: Asian Workshop on Sensing and Visualization of City-Human Interaction (AWSVCI 2009)  2009年8月27日 Peking University, Beijing, China   
  10. 2008-2011年 IPSJ MBL研究会 委員
  11. 2007年ソフトウエア科学会SPA2007 プログラム委員
  12. 2007年The 13th IEEE International Conference on Embedded and Real-Time      Computing Systems and Applications RTCSA 2007プログラム委員
  13. ネットワークロボットフォーラム 標準化分科会検討委員
  14. The 7th International Conference on Mobile Data Management MDM2006ワークショップ運営委員PCメンバ
  15. International Workshop on Smart Appliances and Wearable Computing     (IWSAWC2006.IWSAWC2007)運営委員PCメンバ
  16. 2006年3月ソフトウエア科学会SPA2006実行委員長

  17.