プログラム


13:00-13:10 開会挨拶 : 電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会シンポジウム実行委員長 白石陽


13:10-14:10 講演Ⅰ : 「Understanding City Dynamics using Taxi Trajectories」(英語講演)
                     Lead researcher at Microsoft Research Asia Dr. Xing Xie

                          

講演概要:
Big cities usually have a large number of taxis. The taxi trips represent a significant portion of people’s urban mobility. In this talk, I will present a framework that discovers regions of different functions in a city using both human mobility among regions and points of interests (POIs) located in a region. Specifically, we segment a city into disjointed regions according to major roads, such as highways and urban express ways. We infer the functions of each region using a topic-based inference model, which regards a region as a document, a function as a topic, categories of POIs as metadata, and human mobility patterns (when people reach/leave a region and where people come from and leave for) as words. As a result, a region is represented by a distribution of functions, and a function is featured by a distribution of mobility patterns. We further identify the intensity of each function in different locations. The results generated by our framework can benefit a variety of applications, including urban planning, location choosing for a business, and social recommendations. We evaluated our method using large-scale and real-world datasets, consisting of two POI datasets of Beijing (in 2010 and 2011) and two 3-month GPS trajectory datasets (representing human mobility) generated by over 12,000 taxicabs in Beijing in 2010 and 2011 respectively.


14:10-15:00 講演Ⅱ : 「Challenges in Human-Centric Cyber-Physical Systems」 (日本語講演)
                     慶應義塾大学環境情報学部 教授 徳田英幸

                          

講演概要:
あらゆるモノ,人 ,空間がネットワークにシームレスにつながり,ユビキタス サービスの普及により実空間とサイバー空間の融合が加速されてきている.廉価 なワイヤレスセンサ,スマートフォン,タブレットの普及は,実空間上のモノ, 人,空間をサイバー空間上の対応したオブジェクトと双方向カップリングを可能 にしている.また,twitter, foursquare, facebook, blogなどのソーシャルメ ディアもソフトセンサとして新しい型のセンサデータを提供し,新しいサイ バー・フィジカルカップリング機能を提供してきている. このようなサイバー・フィジカルシステムを実現していく際,マシンセント リック,システムセントリック,データセントリックなアプローチでなく,人を 中心においたヒューマン・セントリックの視点でシステムやサービスをデザイン するという視点を忘れてはならない.本講演では,サイバー・フィジカルカップ リングが生み出すさまざまなユビキタスサービスにおいて,人を中心としたサイ バーフィジカルコンピューティングを紹介し,サイバー・フィジカルシステムの 課題について議論する.


<休憩 20 分>


15:20-16:10 講演Ⅲ : 「デジタル台風:センサデータとソーシャルメディアの統合によるリアルタイム状況認識の可能性」
                     国立情報学研究所 准教授 北本 朝展

                          

講演概要:
災害発生などの緊急時に適切な対応を立案するには,各地の状況を迅速に認識することが不可欠な作業である.特に最近では,ソーシャルメディアを使って各地 からの情報を直接的に集約することの有効性が真剣に議論されるようになってきた.
しかし情報源としてソーシャルメディアを使うだけでは信頼性の問題を解決することが難しいため,センサデータなどのより客観的なデータと相互比較しつつ両者を相補的に利用することが重要な課題となる.そこで本講演では,大雨などの緊急時にリアルタイムの状況認識を実現する手法について,実例を示しつつその可能性を議論する.

発表資料


                                  

16:10-17:00 講演Ⅳ : 「空間情報科学とヒューマンプローブ」
                     東京大学空間情報科学研究センター 教授 柴崎 亮介

                           

講演概要:
空間情報科学では,従来から,さまざまなセンサから得られる情報に対してデー タ統合手法などを適用して,都市の動態を視覚化してきた.本講演では,ヒュー マンプローブ導入の可能性も含めて,空間情報科学の今後の展開を述べる.


17:10-18:30 ポスターセッション+懇親会(会場:An 棟 2 階 ホワイエ)

ポスターセッション詳細 »


© HPB 2012